ナポリは巷の口頭ほど怖くないというのが真面目なイメージです

去年GWに余程の自身設定で学徒の赤ん坊とイタリアのナポリに旅立ちしました。
わたくしは51才のはたらく妻で、赤ん坊も就活通り掛けだったので、連休5日間を利用してのナポリ旅立ちで、事柄はミュージアムとポンペイの遺跡巡りにカプリ島と、美味いごちそうでした。
ナポリといえば、国内からのコースは全然いわゆる車窓からの「サファリ視聴」で、表通りが危険で風呂から降りずに確かめるというのが定番ですが、最近のナポリは普通に歩けます。やはり、他国なのでケータイアイテムなどには、日本国内に掛かるよりも注意が必要ですが、女性赤ん坊二人で、充分に歩いて回れます。
印象的な置き場は旅館のベランダから見えた卵城です。夜はイルミネーションされ、また人間が泊まっている時に、ぽっきりナポリの聖人の日光だったので、日程が変わった瞬間に花火がのぼりました。 ああいうタイムリーな体験をすると、忘れられない場所になりますね。
ご飯も、ナポリは海の幸せが安くて美味く、邦人の口に会います。人間が行った食堂では、海の幸せのフリッターが食べきれなくて、うまいけどたくさんでごめんと言ったら、持ち帰れるようにプラスティック箱に詰めてくれました。
やつもごちそうもステキでしょ?!
ぜひとも素足で歩いて、ステキなナポリを体験して下さい。スキンフェアリーをamazonで探している人は肌に悩みあり